【ダイソーxハリスツイード】本物のオシャレな人が買わない理由

【ダイソーxハリスツイード】本物のオシャレな人が買わない理由

今日ふとダイソーに行った時の事。

なんと、ハリスツイードのタグのついた財布やらポーチやらが陳列されているではないか!

ハリスツイードといえば、英国王室御用達の生地ブランド。

Amazonでも、この生地を使った商品は数千円で売っているものです。

でも、このダイソーの財布やキーケースは「500円」

なんと500円でハリスツイードの製品が買えてしまうということで、早速ネットで検索したところやはり話題になっていたわけです。

以前ハリスツイードはしまむらともタッグを組んだことがあったようですが、その時の価格帯も2000円ほど。今回の500円は本当に破格だと思うわけです。

スポンサーリンク

でも買わなかった理由

一応前から憧れはありましたが、実はハリスツイードの製品は一つも持っていない僕。

この500円のコンパクトウォレットを買おうかかなり悩みました。

買いたいとは思いましたが買わなかった理由が2つあります。

縫製が安っぽい

女性・耳打ち

一つ目は、作りが本当に安っぽかった件。

ブランドのタグが付いているから、人目は惹くと思いますが、同時に細かいところも見られてしまう気がします。

すると今回の小物類は、とにかく縫製や裁断が雑。

僕が欲しかったコンパクトウォレットも、生地の余りを使っただけのような雑な感じが否めなかったのです。

出来れば角はきれいに処理してほしかったし、中を見たときにもう少しきれいな仕上げにしてほしかった。でもこんなことしていたら500円じゃ提供できないのはわかっているんですけどね。

ハリスツイードのブランド力の低下

吉木りさ

しまむらやダイソーとコラボしたハリスツイード。高級感やブランドパワーが感じられにくくなっていると思いませんか?

もともとは比較的高級なブランドとコラボしていて、秋冬物のツイードジャケットにこのブランドタグがあれば「おっなかなかいいものを着ているではないか」というものだったのです。でも、100円ショップのダイソーとコラボしてしまった今、大衆が知るブランドに成り下がってしまったのではないかと思ったわけです。

それでかっこつけようと「ハリスツイードの財布買ってやったぜ(ダイソーのだけどな)」とかやってもカッコがつかないというか、「安い男だな」とか思われてしまうのが落ちじゃないかと考えすぎてしまったんですね。

ということで結局ワンコインを出すのを渋った僕なのですが、おそらくこの商品たちはすぐに売り切れになるんだと思います。気になった人は今すぐお近くのダイソーへ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする