ポケモンGOの交通事故被害救済まとめ【助けて!】

ポケモンGOの交通事故被害救済まとめ【助けて!】

2016年7月22日金曜日。すでにアメリカで社会現象になっている「ポケモンGO」が日本上陸しました。

海外でも人気のニュースとともに、事件や事故のニュースが報道されていましたが、やはり日本でもポケモンGO関連の交通事故被害がすでに発生しています。

道路交通法違反

私も昨日のことでしたが、ポケモンGOをプレイ中の高校生の自転車が急にぶつかってきて本当に驚いてしまいました。衝突は避けられたのですが、イヤホンをしてスマホを見ながらポケモンを探しているこのようなプレイヤーがこれからも増えてくると思うとゾッとしました。

ポケモン自体は面白いものなのかもしれませんが、同様の交通事故の被害が増えてしまうと命にかかわることなので真剣に向き合う必要があると感じました。

歩きスマホ

それで、ポケモンGOをプレイしている人からぶつけられてしまった、という被害者の方が泣き寝入りしないために、このページではうまい問題解決方法と、和解するにしても示談金をなるべく高めるための方法をご紹介しています。

ポケモンGOの交通事故被害にあってしまった方の、心の助けになれば幸いです。

  • ポケモンGO関連の交通事故被害が多発しています!
  • 主に、ポケモンGOプレイ中の「歩きスマホ」が原因
  • 交通事故の示談金交渉は弁護士が損害保険会社と交渉するだけで和解金が大きく違います。
スポンサーリンク

もうこんなに!ポケモンGOの交通事故まとめ

歩きスマホ&運転スマホの危険

2016年7月24日 From:TBSニュース

愛媛県新居浜市の路上で、23日夜8時ころ、ポケモンGOをプレイしながら自転車に乗っていた10代後半の男の子が、前を歩いていた40代の男性と衝突してしまったようです。

ゲーム画面を閉じようとしていたところで歩行者に気づいたようですが、ブレーキが間に合わなく、自転車ごと歩行者の男性に衝突、という流れのようです。

・・・夏休みの日本で、起こるべくして起こった交通事故ともいえますね。

夜にスマホを操作しながら自転車に乗ることはすでに危ないですが、ポケモンGOは「没入感」がメールやネット以上に強いと言われています。被害者になってしまった男性は腰に痛みを覚えてしまっているようで、後遺症にならないことを祈っています。
このように被害者が出てきてしまったので、これからも被害者が救済される仕組みを作っていかなければいけないと感じます。

元記事はこちら

この事故に関する2chの反応はこちら 出典:はちま起稿

2016年7月25日 From:NHKニュース

ポケモンGO玉突き事故

普段事故の起こらない大津市の朝。乗用車3台が関係する玉突き事故が起きてしまいました。この交通事故も「運転しながらポケモンGOをやっていた」という男性の証言のように、ながら運転が原因でした。被害者の車が本当にかわいそうです。

元記事はこちら

当たり屋…のような事件も。


これはポケモンGOではないですが、スマホを操作しながらの自転車は本当に凶器です。人生が狂います。(加害者も、被害者も)

2016年7月25日 From:NHKニュース

女子高校生自転車事故

徳島市で起こってしまった事故。スマホの画面を見ながら自転車に乗っていた女子高校生が、歩行者と正面衝突してしまった事故です。

もしもポケモンGOによる交通事故の被害者になってしまったら…

交通事故の中でも、いまだにしっかり法律ができていないのが「歩きスマホ」です。

歩きスマホによる交通事故は多くなっていますし、運転中の「ながらスマホ」によって前方不注意からの事故も増えています。

これはスマホだけでなく、タブレットの操作でも同じで、カーナビの代わりに使っている人も多くいるわけです。

その中でポケモンGO関連の交通事故は「起こす方」になる可能性も高いですが、「被害者になる」という可能性が急上昇しています。

実際に「自分はだれにもぶつからない」なんて言える人はいませんし、事故の被害者になってしまった時点で普段の生活が送れなくなる可能性があります。

もしもポケモンGOによる交通事故が発生した場合、このような点で生活が急変します。

  • ケガによる通院・入院
  • 交通事故による後遺症
  • 後遺症治療のためのリハビリ
  • 事故による精神的トラウマ
  • 通院・入院による学校や仕事の欠勤
  • 保険治療を利用したことによる保険費の高騰

考えるだけでもこわくなります。

しかし、今回考えているポケモンGOによる被害の場合はほぼほぼ歩きスマホをしている相手側の過失になるわけです。

加害者側が、自賠責保険や任意保険を使ってある程度補償してくれることを期待したいですが、上の被害リストを考えると100万単位では足りない可能性が高いです。

保険会社からしても、すんなりと高額の賠償金を出してくれるわけではないようなので、保険会社同士での交渉になることも多いということになります。ここで注意したいのが、保険会社を責めているわけではなくて、被害者が自分で交渉した場合、慰謝料の提示は保険会社が先に行ってきます。例えば保険会社は「1000万お支払いいたします。それでよろしいでしょうか?」という具合で和解を求めてきます。被害者からしたら「1000万ももらえるの?」となるかもしれませんが、1度でも交通事故にあっていると見えない後遺症などもあるので、目先のお金に惑わされないようにしないといけません。

被害者側からしたら人生がかかっているわけで、妥協はしたくない。そんな時に頼りたいのが、交通事故での示談交渉の経験豊富な弁護士さんです。

交通事故案件に強い弁護士を探しましょう!

弁護士

いきなり弁護士…と聞いて、「相談料が高いんじゃない?」とか「弁護士に依頼するとあとあと面倒なんじゃ…」と感じる方がいらっしゃるかもしれません。

もしそうだとしたら安心していただきたいのですが、これから紹介する弁護士は交通事故の示談に何度もかかわってきたので、交渉のノウハウや賠償額を増額させるための具体的な知識を持っているわけです。それで、被害者と加害者側の保険会社だけで解決するよりも、最終的にには相談した被害者側がプラスになるように話を進めてくれます。

逆に「ポケモンGOプレイ中の車に弾かれた!」というときに、被害者と相手の保険会社だけで相談してしまうと、いわば「相手のホーム」で戦うことになってしまいます。こちらは「被害者」でもあり「アウェイ」であると、マイナスの感情だけが残ってしまう示談にもなりかねません。

どの時点で相談する?

交通事故の被害者になってしまったら、弁護士に相談するといいのはわかった!じゃあいつ相談すればいいの?ということなのですが、簡単な解決までの流れをまとめてみました。

時間の流れ 加害者 被害者
事故発生 ぶつかる! ぶつかった!
直後 警察は実況見分書を作成し、加害者を行政責任・刑事責任・民事責任に問う

加害者は保険会社に交通事故の件を通知

治療
後遺障害等級認定
慰謝料請求
示談 保険会社さん、お願いします!

保険会社:まかせて!

自分で示談

弁護士に依頼して示談

交通事故紛争処理センターで示談

慰謝料お支払いします。

慰謝料は払えません!

和解⇒終了

決裂⇒裁判

ここでポイントになるのが、示談の際に加害者は保険会社の示談交渉専門担当者がついている、というところです。

被害者は、主体的に動かなければ自分で加害者側の示談担当者の人と相談することになりますが、これでは立場が弱いですよね。

相手が示談専門の代理を立てているなら、こちらも示談専門の交渉人(ネゴシエーター)を呼ぶことが対等な交渉です。相手の示談担当者は、示談金額を減らすことによって給料が上下することを忘れないようにしてくださいね。基本的には、保険会社と1対1になってしまった場合は本来請求できる慰謝料が少なく設定されているはずです。

今回の場合だと、ポケモンGOをプレイしている加害者ということになるので、今までとは違う交渉内容になりそうです。というのも、加害者が未成年で自転車に乗っている可能性も高いわけですよね。車が衝突してくる以外に、ポケモンGOプレイ中の学生の自転車が加害者になるパターンも起こりえます。すでに上の方で高校生が加害者になってしまった事例もありましたしね。

そう考えると、ポケモンGOやながらスマホが原因となった交通事故の場合は、代理交渉人=弁護士にお願いするのがスムーズにいく秘訣ということになります。被害者側から見る弁護士は、相手にたくさん損害賠償金を払ってもらうことで生計を立てているわけですから、心強い味方です。(保険会社からしたらライバルですけどね)

弁護士への相談金額は?

慰謝料を請求する、こちらの味方になってくれる弁護士ですが、相談金が高かったり弁護士費用が高くなってしまうと「今回の交通事故だったら別に弁護士に頼むほどでもないかな」と思ってしまうかもしれません。

ポケモンGOが原因の交通事故は、学生との自転車衝突なども含まれるかもしれないので、軽い事故とこちらが決めつけてしまって深く追及しないこともできるかもしれません。

ということで、今回は交通事故の弁護士相談費用が無料の弁護士事務所を紹介したいと思います。軽い事故でも、警察を呼ぶところまで進んだ交通事故であれば、無料で相談することが可能です。

交通事故相談金額無料の優和綜合法律事務所

  • 対象エリア:全国(事務所は東京都墨田区錦糸町)
  • 費用分割払い:可能
  • 初期費用:0円
  • 相談費用:0円
  • 弁護士費用:0円
  • 成功報酬:慰謝料の20%(固定)

優和綜合法律事務所は、相談無料で、弁護士費用は完全成果報酬という法律事務所です。成果報酬というのは、慰謝料増額できない場合は弁護士費用が無料、ということです。

事故にあってしまったらまずは相談して、保険会社の提示額よりも増額してもらえるか問い合わせることができます。後遺症認定されてしまった場合はなおさら、1回の金銭的な解決法ではなく長期にわたるサポートを受けることができるのも特徴的です。

優和綜合法律事務所で無料相談

交通事故相談金額無料のやよい共同法律事務所

  • 対象エリア:全国(事務所は東京都港区虎ノ門)
  • 費用分割払い:可能
  • 初期費用:0円
  • 相談費用:0円
  • 弁護士費用:0円
  • 成功報酬:慰謝料増額分の19%~

相談料は無料で、こちらも弁護士費用は成功報酬となっています。

弁護士と損害保険会社が相談した場合、初回に提示された金額から2~3倍の賠償金を受け取ることができるケースもあるようです。となると、成功報酬が慰謝料増額分の19%~でも払う価値があるということが言えますよね。

さらに、先払いだと数十万~の弁護士費用になってしまう気がするのですが、成功報酬(慰謝料が増額した場合のみ費用がかかる)というところも注目できます。増額できなければ弁護士費用は無料…とは。相談してみないとわからないことですが、慰謝料が増額する可能性があるので利用しないのはもったいないですよね。

やよい共同法律事務所で無料相談

交通事故相談金額無料のふづき総合法律事務所

  • 対象エリア:全国(事務所は東京都新宿区)
  • 費用分割払い:可能
  • 初期費用:0円
  • 相談費用:0円
  • 弁護士費用:0円
  • 成功報酬:20万円+賠償額の10%

なんと「本人以外の家族や友人の相談にも対応」という弁護士事務所です。これは今回のポケモンGOが原因の事故で活躍しそうです。

すでに交通事故の被害者になってしまった場合は弁護士に依頼するのがベスト!ということはわかっていたのですが、多くの人が実際に相談するところまで行動できない現状があるようです。

「忙しいから…」「どの弁護士事務所がいいかわからないから」ということで相談しないことがあるようなのですが、被害者になってしまった時点でぜひ動いてほしいものです。

その時に、被害者の代わりに友達として・家族として相談できるのもこのふづき法律事務所です。「友達や家族がポケモンGOプレイヤーとの交通事故にあった!」というときに、積極的に相談してみてほしい事務所です。

あとは、事故直後に状況がわかっていればすぐに対応してもらえるのもうれしいところです。公式サイトには「※直接示談する前にご相談ください」とあるので、下手に被害者と保険会社の担当で交渉しないところがポイントのようです。

ふづき法律事務所で無料相談

具体的に損害賠償額(慰謝料)が増えた事例

今回ご紹介している、弁護士に交通事故の案件を相談して解決した場合の慰謝料増額例を参考に載せておきます。それぞれの弁護士さんのサイトでも事例をいくつか見ることができます。

相談してみないとわからないこともありますが、上に紹介した3つの事務所は全て「成功報酬」なので、慰謝料が増額にならなかった場合は費用も0円なので安心ですね。

Aさんの場合

自分だけで示談した場合
(保険会社の提示額)
94万円
弁護士が示談した場合
(弁護士の提示した和解額)
720万円
その差 626万円

Bさんの場合

自分だけで示談した場合
(保険会社の提示額)
135万円
弁護士が示談した場合
(弁護士の提示した和解額)
400万円
その差 265万円

Cさんの場合

自分だけで示談した場合
(保険会社の提示額)
0万円
弁護士が示談した場合
(弁護士の提示した和解額)
50万円
その差 50万円

このように、轢かれてしまった・追突されてしまった・ぶつかられてしまった、などの被害者は弁護士を通して慰謝料を要求することによって、せめてもの救いである賠償金増額が期待できるわけですね。でもお金がもらえるからと言ってすごく喜べるわけではないですよね。一番は事故にあわないことです…一度でも遭うと後遺症の頭痛や体の痛みに悩まされます(過去に経験あり)

歩きスマホの注意喚起の動画

全員歩きスマホin渋谷スクランブル交差点-もしもスクランブル交差点を横断する人が全員歩きスマホだったら?-Youtube

このように、注意喚起の動画が出回っているにも関わらず歩きスマホや運転中のモバイル機器操作が減らないのは残念です。特にポケモンGOが出てからはゲームに没頭しているプレイヤーがあとを絶たないですからね。

今回ご紹介した交通事故専門の弁護士の相談を活用して、トラブルからなるべく早く立ち直れますように。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする