Sedoの登録方法やドメインパーキングの使い方を徹底解説!

Sedoの登録方法やドメインパーキングの使い方を徹底解説!

今はまだ完全に日本語になっていないドメインサービスSedoの使い方を徹底解説します!

良質な中古ドメインを多数保有しているSedoですが、使っていない・でも保持しておきたいドメインを収入源にできる「ドメインパーキング」というサービスも魅力的です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

sedoのアカウント登録方法

Sedo公式サイト

まず、公式サイトに移動した後に右上の「New here?」から新規登録します。

個人情報入力

Login Name:ユーザーネーム

Password:8文字以上のパスワード

連絡のとれるEmailを入力。

ローマ字で入力しましょう

このあたりで注意するところは、すべてローマ字で入力することです!漢字や日本語は使えません。

電話番号は+81で始まる日本の番号にしてください。050番号も入力できます。あとで本人確認のために使うので使える電話番号を入力してくださいね。

Continueで進む

チェックボックスがありますが、「I confirm that I have red Sedo’s User Agreement and Privacy Policy and accept them by checking」のほうのチェックは必須です。Sedoの利用規約に同意しますか?ということです。もう一つのチェックボックスは、セールスレターやクーポンを受信しますか?ということなので、いらなかったらチェックは無しでいいです。

画像確認のコードを入力して、Continueをクリック。

確認メールを受信します

するとメールアドレスに確認メールが届きます。上の「Please activate your free registration~」側のリンクをクリックすると、登録が完了してマイページにアクセスすることができるようになります。

Sedoのアカウントの基本的な登録方法は以上です!

ドメインパーキングを利用する設定

Park Domain Overview

公式サイト画面上部の「Park Domains Overview」から、ドメインパーキングの利用を始められます。

Add domains now

Sedoのドメインパーキングを利用するために「Add domains now」をクリック。

ドメインパーキングを利用するか?

すると初回はもしかしたらこんな画面が出るかもしれません。本人確認ができていないことが原因です。

これは「ドメインパーキングを利用しますか?」という質問なので、上の「Yes, I want to park domains.」をチェックしてcontinueをクリック。

確認作業が必要

すると、ドメインパーキングを利用するには本人確認が必要、という意味のこんな画面がでます。

「Continue to the Certification Process」のリンクをクリックしてください。

一つ目

sedoドメインパーキングを利用

ここでやらなければいけないのは2つの認証です。上のほうは「Standard Certification」でOK。画面下の認証のほうはParking Certificationの下のProceedをクリック。

電話認証

本人確認の方法は2つありますが、上の「Phone Certification」が推奨されています。

おそらくここが一番難しいところかもしれないのですが、落ち着いてやればできるので安心してください。とりあえず上の「Phone Certification」をクリック。

電話認証5桁

通じる電話番号を入力して電話認証のボタンを押すと、すぐに電話がかかってきます。「日本語」にしていても電話口の声は英語…。でも電話は機械音声なので、わからなかったらもう一度やればいいです。

電話口では2回5桁の数字を言ってくれます。今回は「エイトゼロナインナインフォー」と2回言われたので普通にわかりました。英語苦手な人でもなんとかなるところだとは思います。

5桁の認証番号を聞き出したら「Submit」で認証作業を終えます。

Sedoのドメインパーキング利用方法

ドメインパーキングを利用する

おそらく「お名前.com」や「Value Domain」「スタードメイン」などでドメインをとっていると思うのですが、使っていないドメインをこの画面に入力します。いっぺんに200まで一気に入力できます。

ウィザードを使いますか?

ドメインパーキングを利用する際に簡単に入力できるように、ウィザードが用意されているので「Yes, let’s get started!」をクリックします。

1つ目の項目

ドメインパーキングは、使っていないドメインに広告もつけておいて、そのドメインがほしい人がいたら売ることもできる仕組みです。

そこで1つ目の項目では、「売るとしたらいくらで売る?」という設定項目です。今回は自動で299ドルもつけていただきました。この値段で売れたらドメイン転売で儲かる(笑)

ドメインの価格設定

ドメインの販売貨幣を設定します。ユーロとドル、ポンドから選べますがドルを選んでおきましょう。(よっぽどいいドメインじゃないと売れないですし)

16

この項目では、「Not for sale(売らずに、ドメインパーキングだけで利用)」「Buy Now(売れるものならすぐに売りたい!)」「Make Offer(売るかは用相談)」というものが選べます。ドメインを保持しておきたいならNot for saleでいいと思いますが、使っていないドメインがうまいこと売れたりしたらいいな、なら「Buy Now」にしておいてください。

ドメインを売るかサイトを売るか

最後の項目では、「ドメインを売るだけ?それともサイトを売るの?」ということが選べます。

サイトやWebメディアの売買は最近行われていますが、Sedoでも可能です。でも一応外国のサイトなのでちゃんとした値段をつけてもらえない可能性があるので、「Domain(ドメインだけ売る)」を選べばいいと思います。

ドメインオークション

Set a minimum offerでは、最低価格の設定ができます。いわばオークションのようにできる設定です。これはあまり気にしなくてもいいですが60%がいいと思います。

19

全ての項目を設定したら、「Review my settings」をクリック。

ドメインパーキング設定後

このようにしっかり情報が入力されています。

22

最後に「I confirm that I have read and fully agree to the SedoMLS Premium Terms of Use」にチェックして、「Finish Adding Domains」をクリック。

23

すると、Your domains are currently being reviewedと出ます。Sedo側で「このドメインは売れるものだろうか?」と精査してくれている、ということです。

ドメインパーキングに登録できたかは、以下のように確認します。

My Domains

上部メニューの「My Sedo」から「My Domains」をクリック。

登録済みドメイン

このように、Sedoに登録したドメインが表示されます。

上に「Pending ownership verification」と書いてあって、「ドメインの所有者確認をしています」という意味です。

今のところ、Sedoにドメイン情報を送信しただけで、そのドメインが自分のものかどうか確認する作業をしていないわけです。これはドメインをとったサービスでネームサーバー情報を変えることで対応します。

最後にドメイン管理サイトでネームサーバーを変更!

ValueDomainでネームサーバー変更

今回はバリュードメインというドメイン取得サイトでドメインをとったので、ネームサーバーはこのようになっています。

これを、Sedoのドメインパーキングサービスと結びつける設定がこちらです。

Sedoのネームサーバー

ネームサーバー1を「ns1.sedoparking.com」

ネームサーバー2を「ns2.sedoparking.com」

に変更します。

この設定をしてしばらくたつと、あなたの設定したドメインにアクセスすればSedoのページが表示されて、広告が出てきます。誰かがクリックすれば報酬になる、ということです!

ということで、ドメインパーキングの設定方法もここまでです。お疲れ様でした!

おまけ:ドメインパーキングの活用方法まとめ

今回はいきなり登録方法から入ってしまいましたが、Sedoはドメイン管理業者なのでドメインの取得、更新、移管などすべてできます。

でもそれは日本のサービスでもできるわけで、Sedoでしかできない独特なサービスがドメインパーキングというわけですね。

使っていないドメインはもったいないので、設定しておけばお小遣いくらいにはなるかもしれません。高く取引されている中古ドメインや、ローマ字ドメインならうまくいけば売れるかもしれないですね。

ドメインにページは入れていないけど、捨てたくもない、というときは使ってみてください!

Sedo公式サイト

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする