筋トレアプリのオススメ3つ厳選!【自宅で無料トレーニングガイド】

筋トレアプリのオススメ3つ厳選!【自宅で無料トレーニングガイド】

ライザップ的なビフォアアフターのイラスト

この前、新しいスーツを買ったんですが、初めて着たときに「胸板なくてヒョロヒョロに見えるね」と女の子から言われてしまった僕。

30近くなるとやはり若さからくるカッコよさが出しにくくなってくるので、細マッチョくらいになってまだモテたい。ということで、いつも使っているiPhoneとiPadで使える「続けられる無料筋トレアプリ」を探してみました!自宅で器具なしで始められます。

さらに、後半では筋トレアプリを効果的に使って自宅でトレーニングするコツもご紹介します!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

無料の筋トレアプリランキング

腹筋しているイラスト

AppStoreで「筋トレ」と検索すると、たくさんのアプリが出てくるのですが、だいたい10個くらい使ってみて「これが使いやすいな~」と思えるものがありました。

選ぶのが面倒な方にも、自宅で器具なしで始められる、使いやすくて続けやすそうなアプリを厳選してみました。

どれも基本使用は無料なので、この3つのうちあなたが気に入ったものを使ってみるといいと思います。

筋トレアプリ第1位 Runtasticシリーズ

正直、Runtasticシリーズだけあれば十分なんじゃないかと思います。

3Dモデルがどんな動き方をすればいいのか教えてくれて、筋トレのトレーニングメニューも自動で作ってくれます。

これ、以前有料のトレーニングジムに通っていた僕からするとかなり重要だと思うんです。筋トレがうまくいかない理由の中で、「インターバルと超回復のタイミングが分からない」というのがあります。

  • インターバル…筋トレ中の1セットと1セットの間の休憩時間
  • 超回復…1日の筋トレを終えて、次のトレーニングまでの休憩時間

簡単に言うと、「いかに休むか?」というのが筋肉を増強させるためのポイントになるんですね。

Runtasticのアプリはそのあたりも自動的に計算してやってくれるので、初心者の方も悩まずに体を動かせると思います。

腕立てのイラスト

Runtasticは総合ボディメイクアプリ群を形成していて、腕立て・腹筋・スクワットなどのトレーニングから、太ももやヒップに集中的に効くトレーニング用アプリもあります。

基本無料で使えますが、より筋肉をパワーアップさせたいときには250円でプロバージョンが使えるので、本気の方はプロバージョンがいいと思います。

僕は、腹筋アプリと腕立てアプリを2つ使ってやっています。

今使っている腹筋アプリ SixPack

今使っている腕立てアプリ PushUps

自宅にトレーニングコーチがいるかのようなResults

12週間で、身体を劇的に改造するプログラムがこのRuntastic Resultsです。自宅で器具なしでできる150種類以上のトレーニング方法を、30秒ほどのビデオで見ることができます。

パーソナルトレーニングコーチをつけるような感覚なので、本気な方はこちらもオススメ。利用料金はトレーニングジムに行くのと比べると格安です!

自宅でパーソナルトレーニングをするなら、SONY系列のアプリを使って自宅トレーニングができる、「ソネトレ」もいいのかもしれません。ソネトレは月額2500円ですが初月無料でかなり魅力的なボディを作ることが出来ます。

筋トレアプリ第2位 Freeletics

Freeleticsは単体のアプリですが、自宅でできるトレーニング映像がセットになっているアプリです。

自宅で器具なしで、ここまでトレーニングできるんだ!という驚きの映像がたくさん。

Freeleticsは、比較的SNS色の強いアプリで、世界のいたるところにいるユーザーがどんなトレーニングをしているかリアルタイムで表示してくれます。

面白いのは、このアプリを使っている人が海外でランニングしていると、リアルタイムでその場所がツツーっと動いているのが分かるんです。「じゃあ自分もトレーニング頑張ろう!」という気持ちになります。

基本無料で使えますが、毎週トレーニングプランを専門家が作ってくれる「Coach(コーチ)」というプランを購入すれば、高額なトレーニングジムに通わなくても、3か月ほどでライザップ的な変化をすることも可能です。利用料金は1週間188円~で、コスパもグッドです。

ライザップは2か月で30万ですから、1か月1000円前後でパーソナルトレーナーをつけられるのは魅力的ですよね。(今はモチベーションさえあれば、ライザップよりアプリで自宅トレーニングですよ!)

筋トレアプリ第3位 StartFit

「脱・三日坊主」始めて続く ダイエットフィットネスアプリStartFitは、上の二つのアプリと比べると運動量がかなり少ないので、本当の初心者にオススメです。

目標を決めて、自動的に最適な自宅トレーニングメニューを決めてくれるのは変わりません。器具なしですぐに始められます。

目標の中には、「体重を減らす」「体系を変える」「健康になる」があって、いくつかメニューがあるのですが「いついつまで」というのを最後に決定します。

例えば僕は「2か月以内に胸板を厚くする」という目標設定になりました。

StartFitは、この目標に合わせて筋トレのメニューを考えてくれる、ということです。

このアプリは完全に無料で、アップグレードバージョンなどもないので、安心して使えると思います。

ただ、デメリットとしては運動強度があまり強くないので、物足りなくなる感じがしてしまうかもしれません。

 効果的な筋トレ方法

iOSの無料アプリで、初心者でも簡単に筋トレを始めることができるのはうれしいですよね。さらに上の3つのアプリは、自動でトレーニングメニューを調節して教えてくれるのもアプリを使うメリットだと思います。

1位と2位のアプリは、有料のものにアップグレードすれば食事メニューなんかも考えてくれる高機能ぶりなのですが、効果的な筋トレには食事も関わってきます。

僕は以前1か月3000円くらいの年会費制トレーニングジムに通っていて、1か月30000円くらいのパーソナルトレーナーに肉体改造を教えてもらっていたことがあります。

ジムで筋トレするイラスト

その時に聞いたのが「筋トレx食事x休息」だったんですね。当たり前といえば当たり前なのですが、短期間で筋トレの効果を出すには、栄養補給もしっかり考えないといけません。筋トレと休息は上のスマホ用アプリに任せておきましょう。(30000円払って学んだことがこんな基本なことだったとは…。)

ここでは筋トレ効果を高める栄養について少しご紹介しますね。

どんな栄養を取るのがいいの?

一番簡単なのが、プロテイン(タンパク質)をとる方法だといわれています。これは多くのビルダーも実践している方法です。自宅で摂取する方法としては、プロテインのパウダーを買ってもいいですが、食事だと鶏むね肉が有名ですね。

プロテインをとる際に同時に気にしてほしいのが、「筋肉を作るスイッチを入れる栄養素」を摂取することです。プロテインは「筋肉を作る栄養素」なので、筋肉を作るスイッチが入っていないと食べても筋トレしても効果が表れにくいんです。

この筋肉を作るスイッチというのが、必須アミノ酸の「HMB」です。あまり聞きなれないかもしれないのですが、筋肉生成をする際に一番必要なアミノ酸です。

このHMBを摂取しながら、たんぱく質を摂取するのが一番ベストということですね。HMBはロイシンという栄養素が体内で分解されたときに、ごくわずか生成される栄養素です。

牛肉のイラスト

ロイシンは牛肉やレバー、魚介類、チーズなどの乳製品、大豆などのたんぱく質の食品に含まれています。

  • 牛肉⇒ロイシン⇒(体内で生成)⇒HMB⇒筋肉合成スイッチオン!

ということですね。たくさん動物性たんぱく質の食べ物を食べて、HMBを摂取して、筋肉生産スイッチを入れるのが筋トレ成功のポイントです!

筋トレ時に必須なHMBの効果!

HMBには、他の効果もあるんです!それで、「機能性表示食品」にも登録されているんですね。

  1. 筋肉増強・筋肉の衰えケア
  2. 関節への負荷を軽減
  3. 肩こりや筋肉疲労対策
  4. 基礎代謝が増えてダイエットにも
  5. 筋肉が引き締まるので美容効果も

HMBを摂取するとこんなメリットがあるようです。HMBをとれば、プロテインがいらないくらいです。というのも、筋トレ効果を最大に高めるHMBをとるには

  • 牛肉1㎏
  • プロテインドリンク20杯

くらい採らないと、短期的に効果を体感しづらいようなのです。かなり現実味の欠ける量ですよね。

そこで、プロのボディビルダーは積極的にサプリでHMBを摂取するようにしているようです。

こんな感じで、素敵なマッスルをお持ちの方はHMBをうまく取り入れているみたいです。この二人は、ボクサーとサマースタイルアワードにも出るモデルらしいのですが、モテそうですよね(笑)

それで僕もモテたいので、効果があって値段も安いHMBサプリはないかな?と思って探したのですが、安いのは見つからなかったです…。

というのも、HMBは本来体の中で生成される成分なので、直接サプリの形にするのは難しく成分自体も高額のようなんですよね。

それで純日本製で、HMBの純度も高いサプリがこちらでした。
⇒メタルマッスルHMB

607

プロテインや他社のHMBサプリと比べて高いかもしれないのですが、値段の違いの理由はHMBの純度の違いのようです。安いものはHMB以外の余計な成分が入ってしまうので、短期間での効果が得られづらいそうです。

あと、値段は高いものの3か月利用してまったく効果が無かったら全額返金保証というのは試してみやすいところだと思います。ドラッグストアで売っているようなプロテイン3か月飲んで効果なかったら全額返金保証、なんていうのは見たことがないので、それと比べてもいい感じですよね。

120粒が1か月分なので、筋トレアプリを使う前に飲むようにしてみると、筋肉が育つスイッチが入った状態で筋トレできるのでお勧めです。

メタルマッスルHMBの口コミ

こうしたサプリメントには確かに100%の人に合うものっていうはありませんが、実際に体験した人や、また成分内容を分析して分かることは、継続的にトレーニングをして、そしてメタルマッスルHMBを飲んでいる人たちは、怪しいと思ったり、効かない、と感じている人はほとんどいないっていう事です。
もし、あなたが、トレーニングもして、メタルマッスルHMBをちゃんと毎日飲んでいるとして、怪しい、効かないんじゃないの?と思っているのであれば、おそらく効果に即効性を求めているのではないでしょうか?
微妙な体の変化については1週間や2週間で感じることもありますが、やはり目に見える程の体の変化(腕が太くなる、脚が太くなる)にはやはり数ヵ月単位での時間が必要です。

メタルマッスルHMBは怪しい?効かないんじゃないの?から引用:
http://www.microambiente.org/

HMBを飲むだけでは筋肉はつきませんが、トレーニングと合わせることで本当の効果が得られると思います。

それでは、iOSを使った筋トレアプリ+HMBの最強コラボで、引き締まった体を手に入れてください!僕も頑張ります!

筋トレサプリメタルマッスルHMB

500
筋トレサプリメタルマッスルHMB
8.75

値段

8/10

    メリット

    9/10

      保証制度

      10/10

        オススメ度

        8/10

          いいところ

          • 90日間完全返金保証
          • 初回500円のみ
          • 筋トレ時必須

          いまいちなところ

          • 毎月300名限定
          スポンサーリンク
          スポンサーリンク
          スポンサーリンク

          シェアする

          • このエントリーをはてなブックマークに追加

          フォローする