誰にも好かれないなんて言わないで。集団の構成比から見るあなたを好きな人。

誰にも好かれないなんて言わないで。集団の構成比から見るあなたを好きな人。

きれいなカップルの写真

ちょっと今日は「自分なんて誰にも好かれない・・・」とか「恋愛で自分に自信がなくて」という方への話でも書いてみようと思います。

「集団の構成比」というのを最近知りました。

これは、ヒトのグループわけが自然と「3:10:60:27」という割りになるということのようです。

たとえば、ダイエットに興味のある人の3%は今すぐにダイエットしなければいけないグループ、10%はダイエットの必要性があるグループ、60%はダイエットがしたいけどそこまで必要性を感じていないグループ、27%は必要の無いグループとかです。

また別の例えでいうと、日本人で英語が話せる人は3%、10%は勉強しているヒト、60%は話したいと思っているけど勉強していないヒト、27%は関心の無いグループです。

このように、「3:10:60:27」というグループ分けになるようです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

恋愛に適用してみる

抱き合うカップル

それで、この「3:10:60:27」のグループわけを「あなたを好きな人」に当てはめるとこうなるんです。

あなたが接する人たちの中で、

  • 3%はあなたのことがすごく好きなグループ。
  • 10%はあなたと仲がいいグループ。
  • 60%は普通の知り合いのグループ。
  • 27%はあなたが嫌い、苦手、関心が無いグループ。

で、こう見てみると100人中27人はそんなに仲良くないんだ!と感じるかもしれないですね。

コレは自分で見てみるとちょっとショックかもしれないです。

さらに100人中60人はまぁ普通の関係の人たちなわけです。多いですよね。

それで、マイナスで悲観的な見方を持っていると、「87人との関係ってそんなモンなんだ。私って嫌われ者かもしれない」と思ってしまうんです。自信なくなりますよね。

でもちょっと待ってください!

少なくても、100人中10人はあなたと中がいいんです。10人くらいは中のいい人の顔を今思い浮かべられますか?

そして、100人中たった3人かもしれないですがあなたのことが「大好きな人」がいるわけです。

13人、仲のいい人と、あなたを好きな人がいてくれるってうれしいですよね。

少ないかもしれないけど、あなたのファンはいる

出会い

ということで、「集団の構成比」という話からあなたを好きな人がいることがわかると思います。

その数は相対的に見ると少ないかもしれませんが、忘れてはいけないと思うのが「あなたを好きな人は絶対にいる」ということです。

そもそも、人間って何に反応するかぜんぜんわからない生き物です。

最近考えたのですが、フードコートで食事をするときに、いろんな食べ物屋さんがありますがみんなが1つのお店を選ばないのはなぜだと思いますか?

好みが一人ひとり違うからですよね。

同じように、いろんなブランドの服や、そのブランドのなかにもいろいろな服の形やカラーの服があって、みんなが選ばないけど、一部の人には人気な洋服とかあるじゃないですか。

そういうものを選ぶ人って、なぜ選ぶのかというと「その人の好みに合っている」からなんですよね。

同じように、人口が70億人といる人間の世界でも、好みって明らかに現れているんです。

アイドルや芸能人の人がいろんな人に人気なのは、普遍的な人気があるからであって、別にすべての人に人気なわけじゃないです。

同じように、すべての人に嫌われていると思われている人でも、現実すべての人に嫌われているわけじゃないと思います。

それで、あなたのファンはいる、ということを覚えておくといいんじゃないかと思うんです。

ファンがいることで自信につながる

アフィリのことをずっと考える

100人中の13人、少ないかもしれないですが特に仲のいい人やあなたの近くにいる人の顔を思い浮かべることが出来るでしょうか?

ぜひ、その13人の人たちに何か与えて欲しいなと思います。

いわば13人のあなたのファンに出来ることは、「自分なんてたいした人間じゃなくて・・・」とか落ち込んでいることじゃないです。その13人、特に集団の構成比のうちの3%の人に接する方法を変えてみるといいと思います。

あなたのファンなわけですから、一緒に時間をすごしたり話をするだけでも相手は喜ぶと思います。

3人のあなたのコアなファンはあなたに自信を与える存在になっているはずです。そのお礼として、というかその少数の人にできることは何でもしてあげるといいと思います。

集団の構成比の中の3%との関係を強めることで、恋愛の面でいう「たった1人=生涯のパートナー」が生まれると思うんです。

女性が、「本当は男性にこうされたい!」がたくさん詰まった恋愛教材「Love Psychology」は、今回取り上げたようなポジティブな話題を扱っています。主に男性向けの恋愛情報ですが、一生使えるネタが多いので気になった方は是非チェックしてみてください。
sara塾の-love psychology-自腹購入。感想レビュー!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする