アフィリエイトサイト分析「キーワードストライク」

アフィリエイトサイト分析「キーワードストライク」


http://keywordstrike.com/

ジャンル LP(ランディングページ)
商品 情報教材
meta name=”keywords” キーワード選定,ライバルチェック,アクセスアップ
meta name=”description” キーワードストライクはキーワード選定のポイントと具体的な手順をまとめています。トレンドアフィリやスマホアフィリ・Youtube活用の上でも必須のスキルを一つのマニュアルに。ネットで稼げるようになりたいなら、今すぐこのスキルを身につけて下さい。
SEO結果 単語:「キーワード選定」で26位

アフィリエイトサイトではないのですが、
現役アフィリエイターが作ったLPだと思うのでいろいろ学べるところがあるかな・・・と。
ちなみに教材は購入してしまいました(笑)

  • スーパーアフィリエイターの方のブログで知った教材
  • 予想ターゲット:アフィリエイトでまだ稼げていない層
  • 訴求ポイント:なるべく短時間で成果をあげられるように・SEOの労力削減

アフィリエイトを始めた当時「キーワード選定」についてわからなくて
そんな時に塾内の方が紹介してくださっていた情報です。

サイトのターゲット設定について

ターゲットは男性か女性でいったら男性ですかね。

サイトのデザインとしても黒とグレーを基調として落ち着いた感じです。

でもところどころに赤が使われていて刺激的ですね。

私自身が購入してしまったところから考えると、
「男性で、まだアフィリで成果を出せていない人。
そしてまだキーワード選定に自信が持てない人」

がターゲットでしょうか。

属性としてはすでにアフィリエイトを始めている人ですかね。

これからアフィリを始める人はキーワード選定という言葉すら知らないはずですから。

ランディングページの構成について

今回一番知りたかったのはここです。

LPを分析することによって、なぜファーストビューから値段まで見たくなるのか。

さらには購入までしてしまうのか、心理状況の変化も併せて考えてみたいと思います。

①ファーストビュー

アクセス爆発・報酬毎日ゲット。そんなサイトを作りたいあなたへ。

ファーストビューでやらなければいけないことは、

かなえたい目標をイメージさせる
今現在の問題を提起する

ということが必要そうです。

ここで訪問者は、

「自分のサイトは全然アクセスがない。報酬も全然ない。どうすればいいんだろう」

と考え、

「まさにここに書いてある通りの状況で解決策があるのか?」

と期待が膨らみます。ファーストビューは本当に重要ですね。

②リード文に画像を多用しどんどん引き込む

次につかわれている手法はAのサイトとBのサイトを比較して
いったいどっちのほうが稼げているでしょう?という質問。

そして読者の予想を裏切る「簡単なBサイト」
が稼げるという内容をぶつけてきます。

ここでのポイントは読者をもっと驚かせること。

なんでそうなるの!?という気持ちにさせて文章に引き込む必要があります。

その効果を倍増させているのが、リード文に画像を用いているところ。

そうすることによって読者がさらに読み進めたくなる心理が働きます。

③リード文の後の問題提起

タイトルとリード文は読者に本文を読んでもらうために気を抜けない部分です。

1と2番の段階で、いまだに稼げていないアフィリエイターは「どうすればいいんだ」
と解決策を求め始めています。

そこで3番には問題提起が行われています。

そして実際に起こりうる問題と、読者とを関連付けていますね。
アフィリエイトで稼ぐために必要な情報を読者は求めています。

「ここに書かれている情報は自分に関係がある内容だ!」と思うわけですね。

これで本題に入る準備ができました。

「稼げない悩みを持っている人は、この情報が必要ですよ!」といわんばかりに。

④自己紹介

自己紹介はLP以外にもペラページやサイトアフィリでも有効だと思います。

なるべく読者を意識した自己紹介ができるといいですね。

今回の場合は読者は「アフィリエイトでまだ稼げていない」という問題を抱えています。

ですから自己紹介ではどこの出身かとかよりも、
「自分もアフィリエイトで稼げない時期があったんです」

という内容を書くと読者は共感してこう感じるわけです。

「アフィリエイトで稼げていない人が稼げたのにはどんなコツがあるんだろう。
じゃあ自分はどうすればいいんだろう。」

⑤自己紹介だけで足りない部分を補う

自己紹介はある意味一個人の「口コミ」や「感想」にしかなりません。

読者が求めているのは自分に効果があるのか?というところです。

今回の場合は、「あなたは稼げたけど他の人もなの?」と
さらに多くの情報を求めています。

LPでは1ページですべてを完結させないといけないのですが、
キーワードストライクのページでは

自己紹介後に他の人の稼げた実際の記録が画像で載っています。

稼げた結果

ここまでくれば、読者の心理状況としては

「こんなに多くの人が稼げたなら自分にもできるかもしれない!」
という状況になっています。(まさに自分がなりました)

ここまでの段階でまだキーワードストライク自体の商品が出てきていません。

でも読者からすると、「早く知りたい、どんな商品なの?」
という気持ちになってしまっています。(じらすのうまいな)

書くの疲れた

ごめんなさい。LPページ分析をナメていました。

商品まだ出てきていないのにここまで書くので疲れました。

続きはまたいつか(笑

というわけでSEO分析に移ります!

SEO分析

長財布マニアSEO

ページランクはなし、インデックス数は1ページ(ペラページ)です。

つまりこれでも「キーワード選定」という語句で30位以内に入っていますし
「キーワードストライク」というワードなら公式サイトで1番ですからね。

独自ドメインのペラページでもキーワード外さずに気合いを入れて作れば
ゴミページなんて言われない情報を作り出せるんですよね。

ソーシャルメディアからの評価が高いのが上位表示できているポイントですかね。

Twitterは5000件以上ツイートされていますし、
FBからも「いいね!」が3件ありました。

はてなブックマークは1件だけでした。

その他マネしたいLPの構成

どうなりたい?

どうなりたいかを具体的にイメージさせる

ここの部分、非常に面白いと思います。

  • アフィリエイトに詳しくなりたい
  • アフィリで稼ぎたい

どうなりたいかを具体的にイメージさせるのに2択を使っています。

このページを見ているくらいですから、稼ぎたいのは当たり前。

ですから「アフィリエイトに詳しくなりたい」という選択肢はかなり挑戦的です。

「詳しくなりたいわけないだろ!早く稼ぎたいんだよww」

と読者が思えば、

心理的にこのキーワード選定のスキルをあげないといけない
と自然に感じるようになるわけですよね。

これはおそらく美容系など、なんにでも使えると思います。

  • いろんな洗顔料を試して、誰にも負けないような洗顔料コレクターを目指したい
  • 自分に合う洗顔料だけを使って、短期間で効果を出したい

こんなところでしょうか(笑

あなたはどちらになりたいですか?

「キーワードストライク」LPチェックまとめ

LPや毎日スパムメールに送られていくセールスメール。

すごく似ていると思います。

でも共通しているのは、読みたくなってしまうところ。

そして読んでしまったら商品に対する興味がわいてしまうところ。

必要な情報と不必要な情報は紙一重だと思います。

自分にとって必要な情報であれば読みたくなってしまう。

では必要な人に必要な情報を提供するときに、なるべく読みやすく共感してもらいやすく書く。

そうすればきっと1ページの記事から報酬が発生することになると思います。

キーワードストライク

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク