アフィリサイト作りもフィーリングを大切にすべき

アフィリサイト作りもフィーリングを大切にすべき

フィーリングを大切に

アフィリサイト作るときに、
個人の特徴を少し打ち出すのは悪いことではないと思う。

つまりあまり中性的になりすぎないということ。

読者を意識して構成を考えて作るのは当たり前で、
後は読者に気に入られる著者像を作ることも必要なのではないかと。

文章の書き方は百人十色な気がします。

無理してすべての人に気に入られる必要はないと思う。

イメージしやすい例として、
あるカップルの相性に例えられるかも。

その二人のフィーリングが合っていて、
互いに居心地がよかったら他の人がどう感じるかは別にどうでもよいと思う。

文章が100人十色であれば、読者のフィーリングも違うはず。

何もイケメンがすべてじゃないというか。

つまり何がいいたいかというと、イケメン(Google1位)は人気だけど
人気のページだけがすべてじゃないというか、
その下にもフィーリングが合うページがあるはず。

検索者の目も肥えてきているわけで、
1位で満足できない結果をそれ以下のページで満たせるかもと期待する可能性がある。

ブサメンでも雰囲気イケメンが人気あるような感じで(笑

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする