ニューバランスの本物と偽物は違いがわかるのか写真で徹底比較してみた。

ニューバランスの本物と偽物は違いがわかるのか写真で徹底比較してみた。

「ねんがんの ニューバランス をてにいれたぞ!」

ここ数年、ずっとほしかったグレーのニューバランス(M996)を手に入れました。

ネットで購入すると、本物なのか偽物なのかその違いを知りたい人が多いようですが、今回は写真を徹底的に撮りましたので果たして本物と偽物がどう違うのか見てみましょう!(今回買ったものは本物なんだろうか…その真相は最後まで読んでご判断を!)

スポンサーリンク

外箱

ニューバランス外箱

Yahoo!ショッピングで11月11日に開催された「いい買い物の日」で特価でした。

ニューバランス外箱側面

今回購入したのは「M996」というモデルです。

996には、MRL996という品番もあるのですが、MRLはアジア圏で生産されている型番だそうで、M996と比べて値段が1万円ほど安いです。

M996は、Made in USAで、公式の値段設定は25000円です。それを今回は15800円で買いました。果たして本物なのでしょうか?値段が定価より低いと疑っちゃいますね。

M996とMRL996は生産国が違うだけで他に違いはないの?ということなのですが、形や素材が違います。これについてはまた後で。

ただ、今回購入したのは値段も安すぎず、観察してもとにかく本物に近いので「本物が安く買えた!」とうれしくなるレベルだったのは間違いありません。

箱のシールの書式

ニューバランス外箱シール

まず、本物か偽物かという論議で上がるのが箱と、箱についたシールです。

ニューバランスの箱についたシールには、二種類あるようです。

ニューバランス M996 DG LIMITED EDITIONの箱についたラベル

引用元:http://www.yikum.com/?p=967

上の写真がもう一つの様式のようです。ただ、今回僕が買ったのが偽物とか本物とかいうのはなくて、箱にも2種類あるようでどちらの可能性もあるようです。

b0168993_11544085.jpg

引用元:靴を買いました。ニューバランス M996 http://coglife.exblog.jp/20580372/

こちらの引用元さんでは、正規の路面店(リアル店舗)で購入しているようですが、ニューバランスM996の箱はやはり赤色。

「ニューバランス 箱 996」の画像検索結果

引用元:靴を買いました。ニューバランス M996SThttp://coglife.exblog.jp/21441564/

上の画像と同じですが、箱の横のラベルを見てみると、今回僕が購入したものと同じ書式で書かれています。この購入者さんのサイトはこちらで、本当に靴がお好きなようなのですが、上の青箱は「楽天での購入」とありました。下は「正規のリアル店舗で購入」という風になっています。

そう考えると、今回僕の買ったM996について「箱は本物」と言えると思います。

ニューバランス外箱裏側

箱の裏側ですが、コピーライト(著作権表記)の部分の年が2014年になっていました。コピーライトの表記についてはいろいろ言われますが、一般的に発行年を示していることが多いようです。と考えると、この箱は2014年にできたもの。中に入っている靴もおそらく2014年に売り出されていたものの可能性が高そうですね。

今が2016年11月なので、出来立てほやほやの靴…とは言えないかもしれません。

靴本体の細かいところ

さて、これからは靴本体の細かい写真から分析していきます。

タグ

ニューバランス靴タグ

本物か偽物か細かく見ていく中で、まずギモンに感じたのがこのタグです。スニーカー本体の3番目のひも穴にくっついていたタグ。ネットで検索してみるとこのデザインのタグはオークションで出品されているものに限られています。

タグ裏面には英語とフランス語の表記があります。

ニューバランスタグ裏面

本物にはこのようなタグが付いているようです。

ニューバランス new balance 偽物 に騙されるな

引用元:ニューバランス new balance 偽物 に騙されるな (画像クリックでNB正規代理店さんの元記事に飛びます)

今現行で回っているのは、この赤タグのようです。ただ、画像を見てもわかるようにこれは「www.newbalance.co.jp」とあって日本オリジナルのタグなんですね。

ニューバランスMadeInTheUSAタグ

引用元:ニューバランス・M996

この正規品を購入された方のブログを見ると、次のようなコメントがあります。

MADE IN 某大陸製に移行していくなか、このタグは嬉しいですね。
某大陸製のはコストと比例?なのかソールもレザー等も硬すぎです。

なるほどなるほど。MadeinUSAのモデルでは、この星条旗カラーのタグがオリジナルなんですね。

そう考えると、今回僕の買った靴のタグも正規品みたいですね。うん、本物っぽい。

タン/ベロの長さと表記

ニューバランスM996ベロ

次に気になるのが、ベロの長さと裏の表記、そしてベロの素材です。

ここで、ニューバランス公式サイトの画像を見てみましょう。

M996

本物のニューバランスM996(引用元:NB公式ショップ)

本物のM996は、ベロが結構長いのです。

ここが今回調査している中で一番「これは偽物なんじゃ…」と思ってしまった点です。

ニューバランスM996ベロ

あ、996の文字が始まっている場所を見ると明らかに違う…。

公式サイトの画像と隣り合わせにしてみたのでご覧ください。

ニューバランスM996偽物

左が僕の買ったほう、右側が公式サイトのものです。あ、これでもわかりにくい?

NewBalanceM996のベロ本物偽物

こうするとわかりやすいのでは?

僕の買った方は、一番上の穴を線で結ぶと、996の文字が下に来てしまいます。本物はベロが長いので996の文字が重なっていますね。

本当に間違い探しをしているような感じですが、今回買ったM996が決定的に怪しいと感じてしまったのはこの部分でした。「あ、偽物だ」(この時点で返品処理のメールを書いています)

NBベロ裏タグ

念のためにもっと探っていきます。ベロ裏タグ。

タグの表記自体に怪しいところはなかったものの、一番怪しいのはこの素材。なんかただのスポンジを縫製してあるだけのようなもので、とにかく安っぽいです。触ってみるとわかる気がするのですが、僕の持っているM574(M996より廉価で手頃なモデル)より安っぽいです。

素材の違いはすごくわかりづらいですが、これはクロ(偽物)な気がしますね。

インソール

M996インソール

次に本物か偽物かをチェックできる場所は、インソールです。とはいっても、これも見た目では判断しづらい所です。履き心地を左右する部分なので、偽物は見た目だけ似せて履き心地は本物にはかなわない…ということになりそうな重要なパーツです。

今回買ったNBのインソールの表面は無地でした。

M996インソール裏

インソールの裏面です。

これも、ただのスポンジのような気もしますがそれだけでは区別のつけようがありません。

他の購入者の方のを見ても、M996のインソールは無地のものもあるようです。モデルによっていろんなタイプがあるので偽物とは決めつけられないですね。

DSCF4774_convert_20150906233343.jpg

引用元:ニューバランスのインソールを交換。

こちらが元から付いていたインソール、スポンジ状で表面がツルツルしています。

柔らかくフワフワ加減が心地よいスニーカーですが、柔らかすぎてしっくりこないという方には是非おすすめしたいインソールです。

b0168993_13265921.jpg

引用元:靴を買いました

左の汚いのがグレーのインソール。
全体がスポンジのような素材で柔らかいです。

右がネイビーのインソールですが、まずロゴが入っています。
そしてグレーのインソールよりしっかりとした素材でできていて、ベンチレーションホールも空いています。

ということで、NBの公式サイトを見てもM996のインソールは無地で、飾り気のないやわらかいスポンジのような素材のようなので、この面では本物か偽物かの区別はつきませんでした。

M996 NAV

出典:NB公式

参考までに、ニューバランス公式のサイトを見てみると…グレーではないカラー(今回はネイビー)だと、インソールにnew balanceのマークが入っているようでした。M996の中でもグレーだけがロゴなしのようでした。

M996(グレー)のインソールは無地、ということを考えると、今回僕が買ったスニーカーは本物ですね。

インソール下

インソール下

インソールを取り外したときの部分ですが、特に縫製などに不満はなし。本物と比べてもあまり違いは判りません。この部分での判断は「本物だと思う」

Nロゴ/アッパー

NBのNのロゴ

ニューバランスの靴の象徴、「N」のロゴです。

物によっては、中央のシルバーの部分からちょっと出ている白い革の形がいびつ…ということで偽物と思う方がいらっしゃるようですが、形がいびつだからと言って偽物とは断言できないようです。

M996つま先

特にM996は、アメリカで手生産されているようで、機械で大量生産されているモデルとは違って少し職人のアラが出てくる部分もあるようです。

M996側面

今回僕が買ったM996はこの面、特にいびつさは感じなかったので「本物」ということになりました。

側面には、「new balance」と小文字での表記と、ミッドソールである「ENCAP」の文字が入っています。

踵部分(カウンターライニング)

M996踵

M996の踵は、かなり高めに設定されているようです。アジア生産のMRL996と比べると、踵の高さが違うのでフィッティングも変わるという重要な部分です。

MRL996とM996の違い画像

出典:誰でもわかるニューバランス996の見分け方講座

上の画像は今回かなり多くの情報を提供してくださっているニューバランスの正規取扱店さんが用意してくださっているものです。

今回僕が買ったモデルも、踵の高さはMRLと違ってかなり高くなっています。

ただ、M996踵素材

踵部分をホールドする白い布とその中の素材が、どうも微妙です。

本物は履いた時にキュッとつかまれるような感じですごく安心感がありますが、今回のものはベロ部分の素材と同様、ただの薄いスポンジが入っている感じにしか思えないのです。

うーん、この部分は感覚なので判断が難しいところなのですが、「グレー」のような気がしますね。

このカウンターライニング(月型芯)は、靴の履き心地を左右する重要な部分です。でも、外から見ただけでは正直わかりません。New Balanceの見分けポイントとして、踵部分内側の素材感で本物か模倣品かを判断できる思います。外側はうまくキレイにできますからね…。重要なのは履き心地です。

アウトソール

M996アウトソール

今回買ったM996のアウトソールは、中央がグレーになっています。

M996

出典:ニューバランスウェブショップ

公式の画像も同じですね。

アウトソールロゴ

踵部分には「CARBON RUBBER HEEL」と書いてあります。

M996のミッドソールは「ENCAP」が採用されていますが、正直アウトソールの素材も含め、目視で本物か偽物かの判断はつきにくいです。模倣品を触っても違いはほぼ判らないです。

ということで、この面今回買ったM996もそこまでおかしくないので「本物」という判断ができます。

靴ひも

M996靴ひも

ニューバランスの靴ひもは結構太めのデザインになっています。

入れ方がつま先のところにまとめてぐしゃっと入っていたので、本物の入れ方って結んであったような…と怪しく感じてしまいました。

ニューバランスのリアルショップで箱から出てくると、靴紐って結ばれていないものの、キュッとまとめてくるんでありますよね。あれがなかったので個人的にはかなりクロに近いきがしてしまいました。

開封時の靴紐の処理の仕方が雑だったので…「偽物」という判断をしました。

結論

この記事を書くのに何時間かかっているんだろう、と考えたら余裕で3時間は超えていました。

そして、おそらく1時間ほどは、届いたばかりのM996を徹底的に調べ上げて「本物」か「偽物」かの判断をしていました。写真もこの時に徹底的に撮りました。

そんな今、何が言いたいのか。

…。

今回安いと思ってポチったニューバランスが、本物なのか偽物なのか自信が持てない!(多分保管期間が長かったために安くなっていた本物だと思いますが)

そして

そんなに不安になるんだったら、高くても公式サイトかNEW BALANCEの正規販売店(ABCマートやASBEEなどチェーン店含む)で買え!

と自分に言いたい。

今回調べていて、ニューバランスの模倣品も本当によくできているので、正直見た目や履いた感じでは本物か偽物か区別をつけるのは非常に困難だということがわかりました。

結局は、買った場所で安心感を得るしか判断のしようがないというのは納得でした。実はNEWBALANCEのショップ店員でも、今回のようにほぼ見分けがつかないものだと本物か偽物は判断できないようです。(スニーカー好きの友人談)

この件については、下のYahoo知恵袋の回答に「その通り!」としか言えない。

ここで書ける見分けのポイントは以下です。

1.ニューバランスジャパンのHPで掲載されているお店もしくは
他のメーカーの正規販売店になっていてニューバランスが置いて
あるお店。または本物を扱う並行輸入ショップ。
これは本物。

ニューバランス制の靴の本物と偽物の見分け方はどこで分かりますか? – Yahoo!知恵袋 : http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q12141792927

さらに、「僕はニューバランスのブランドで靴を選んだんじゃないんだ。本当に欲しかったのは本物の安心感と、その安心感からくる履き心地が欲しかったんだ」ということに気付いたのであります。

合計4時間も本物か偽物かの調査と記事の執筆に時間を使ってしまって、かなり後悔していますが重要な点に気付けました。

既に今回注文したショップへは返品依頼メールを送ったので、また面倒な返品手続きをこれからやっていく必要があるんですね。

素直にお金を貯めて安心できる場所で買おう。

正規販売店でM996のお値段は…?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする