30歳メンズが「薄マチL字ファスナー長財布」を買った理由とオススメモデル。

30歳メンズが「薄マチL字ファスナー長財布」を買った理由とオススメモデル。

この記事は、「財布買い替えたいな」とか「どの財布がいいんだろう?」と悩んでいる方に参考になると思います!長文ですが、「薄マチL字ファスナー長財布」を買った理由をストーリー仕立てで書きましたのでぜひ気合を入れて読んでみてください!

7月11日追記;JOGGOの長財布が届いた!レビューレポート

スポンサーリンク

ことの発端

モノマックス2016年7月号

モノマックス2016年7月号

あれは2日前の事、読売新聞のテレビ欄下の広告に「MonoMax」という雑誌の広告が出ていたんです。宣伝されていたのは2016年7月号。

内容としては、「半年に一度の超豪華特別付録!」ということで、オロビアンコというブランドの大容量整理ケースが特典として付属してくるものでした。

この雑誌の値段は850円。

「お、この値段でオロビアンコの限定アイテムが手に入るんだったら買いなんじゃないの?」と思って本屋さんに行って買ったわけです。

普段こういう物欲を刺激する雑誌は買わずに図書館で借りているほうなので、やっぱり新聞の広告もなかなか効果があるなと思ったりしたわけですが…。びっくり顔の女の子

そんな普段買わない雑誌の中に、「最優秀モノ大賞!」という特集記事がありました。

さすがいろんなものが扱われている雑誌だけあって、記事の見せ方がとてもうまいです。

具体的な内容としてはいろんなジャンルの商品から、トレンド的にもベストバイなものを選ぶ!という、定番物が好きな人にも流行ものが好きな人にもなかなか読み応えのある内容でした。

と、そこに僕の物欲を刺激する内容があったのです。

それが、今回のテーマである「薄マチL字ファスナー長財布」だったのです!

財布買い替えに興味があったワケ

タケオキクチの2つ折り黒財布

今僕の使っている財布はおそらく10年は使っているタケオキクチの2つ折り黒財布。

高校卒業くらいに買った覚えがあるので、18歳くらいでしょうか。そんな僕ももうアラサーといわれるオジサンですよ。(30歳だからまだお兄さんと呼ばれたい今日この頃)

そのころに買ったタケオキクチの財布の値段はたしか5700円くらいだったと思います。ヤフオクで買いました。

当時アルバイトをし始めたくらいの僕は服飾小物に5000円以上かけるという習慣がなくて、かなり奮発した覚えがあります(笑)

今思えば財布で1万円以下ってかなり安い部類に入るものだと思うんですけどね。(しかも10年使えているわけだから1年570円なのでコスパ高かったなぁ)

ということで、すでに10年使っている二つ折り長財布はもうすでにボロボロ。内装の布も破れてしまっていて、僕がお金出すときに見られていたとしたらそれはかなりダサいことでしょう。

そんなわけで、今回たまたま買ったMonoMAXの雑誌の中で取り上げられていた「定番でトレンドな財布ネタ」に反応してしまったわけです。

おすすめされていたのは、薄マチL字ファスナー長財布!

やっと本題に入れます(笑)

この雑誌によると、読者支持率や編集部調査、そして実売数を加味して今回のトレンドを割り出したようなのですが、今現在オススメなのは「薄マチL字ファスナー長財布」ということです。

このキーワードの中にもいくつかポイントがあると思うのですが、

  • 薄マチである(財布自体がかさばらない)
  • ファスナーである(ジップ式で、はと目やたたむものではない)
  • L字である(ファスナータイプにもラウンド型がありますがあえてL字)
  • 長財布である(一応コンパクトなL字財布もあります)

というところだと思います。以下に人気の特徴を細かくチェックしてみたいと思います。

流行ポイント①薄マチ

薄マチL字ファスナー長財布

この中で僕がかなり同感できたのが、薄マチであるところ。

僕もビジネススタイルでスーツのことが多いので、入れようと思えばスマートにスーツの胸ポケットに入れられるほどの「薄さ」があればそれは使いやすいと思ったのです。

薄さは最近のメンズファッションのトレンドでもあって、都内にいるビジネスマンも以前に比べてスマートなバッグを持つようになった気がします。人によっては大きいバッグを持たずにクラッチバッグだけの人なんかもいますよね。

薄マチの財布はこの需要を満たせるものなので、財布もできればかさばらない薄マチを選びたいと思ったわけです。

トレンドポイント②ファスナータイプ

ファスナー(ジップ)を使っているのは、トレンド的なポイントじゃないかなと思いました。

というのも財布でファスナーを使っているものって「女性もの」な気がして、以前のメンズ財布だとたぶんはと目やホック、それかただ折りたたむだけみたいなスタイルが多かった気がします。

でもこれをファスナーにすることによって、洗練された印象になっているのかなと。

定番ポイント③L字

L字型財布のポイントとしては、開けやすさにあると思います。

L字でないファスナーの財布のイメージとしては、コイン入れのところを直線ジップで閉められるものとか、U字型のファスナーがついているラウンドタイプのファスナーがあると思います。

L字にすることによって、ぐるっとファスナーを開ける手間が省けて、さらに直線だけの開け口ではないので中を広くみられる特徴があるのかなと思いました。

あとは、最近はやりのクラッチバッグのファスナーの形もL字が多いですよね。

これはかなり使いやすい形なんじゃないかなと思いました。

大人ポイント④長財布

長財布は大人!

さて、最後のポイントが長財布であるということなんですが。

これ、実は僕このMonoMaxの記事を読む前には「長財布キライ」だったんです(;´・ω・)

というのも、長財布は大きくてポケットにも入れづらいし、何よりそんなにたくさん入れるお金がないじゃないか、というのが以前の僕の考え方でした。

でも、今回財布を買うに際していろんなレビューを見ていたら、やっぱり長財布って大人の象徴みたいな感じなんですよね。

高校生くらいでどこのブランドかわからないコテコテしたチェーン付きの長財布を使っていたら「ダサッ」と思うのかもしれないのですが、落ち着いたカラーでシンプルな長財布であれば、大人の品格を演出できるのではないかと思い始めてしまったのです!

以前は長財布キライだったので、コンパクトな薄マチL字ファスナー財布を探していた時期がありました。

その時に気に入ったのは「HERZ(ヘルツ)」という革職人工房で作っているとてもコンパクトで薄型の財布だったのですが、「薄マチL字ファスナー長財布」を見てからは「長財布こそ大人の男がカッコよく持っているものだな!」と方向転換してしまったわけです。

もちろんコンパクトな財布が悪いというのではなくて、販売ページにも書いてある容認「サブ財布」としてならいいと思うんです。

でもメインの財布で使うとしたら、アラサー以上のメンズは長財布をスマートに持っていタイと感じたわけです。(余談ですが、メイン財布とかサブ財布という概念自体よくわからないです。財布のレビューを見たりすると「サブ財布」という単語があるのですが、財布っていくつもばらばらに持っているものなのでしょうか・・・?)

あと長財布の魅力としては、収納力が高いところですよね。今回は極薄と呼ばれているくらいマチが薄いものを探してみましたが、薄い財布でも長財布のサイズであることによって収納力が高くなります!

薄マチL字ファスナー財布の仕様が気になる!

ガレリアント GAA-1209

ガレリアント GAA-1209

ということで、この型の財布がイチオシされていたわけですが、その中でも特におすすめなモデルが「ガレリアント GAA-1209」というモデルでした。(リンクはAmazon)

この商品の紹介を見て、「これは…ほしい!」と思ってしまったモデルでもあります(笑)

具体的には販売ページの写真とかを見ていただければと思うのですが、このモデルの特徴は

  • 幅18.5cmx高さ9.5cmxマチ1.5cmというサイズ感
  • 薄マチなのに収納力が高い
  • 薄型カバンにもしっかり入る
  • 極薄でスーツにもマッチする

と、こんな財布であることが紹介されていました。(改めて見てみると「極薄推し」だなぁ。)

気になる値段は16,000円(税抜き)

ガレリアントというブランドを僕は知らなかったのですが、楽天でも2店舗しか扱っておらずしかも売り切ればかりだったので、今回の記事を読んだ人が買い占めてしまったのでしょうか?

話を戻すと、16000円くらいであれば今回は出してもいいかなと思える魅力的なモデルでした。

今までも財布の情報とかサイトを見てきたこともあって、高いものだと3万以上~7万くらいするモデルもバンバン売れているという話も聞いたことがあるので、1万6000円は出そうと思えば出せる値段でした。

もうすでに薄マチL字ファスナー財布にかなりひかれてしまっている僕。現在使用中の財布も10年を超えてボロボロになってきている。さぁ買ってしまうか?というところで、また僕の悪い癖である「更なるリサーチ」が始まります。

ガレリアントの財布⇒JOGGOの財布へ

雑誌で読んで即購入とならないのが僕の癖でして。

今回はもう「極薄」「L字ファスナー」「長財布」というスタイルが決まったので、それに見合う品を楽天や財布レビューサイトでいろいろ調べてみました。

意外と薄い長財布というのを特集しているところが無くて、目的のモデルを見つけられないと思ったその時!

「そういえば以前オーダーメイドの財布を作れるサイトがあったなぁ。しかもそのブランドの商品発表会にも行ったことがあったっけ」と思い出し、そのサイトを探し出してみました。

それがJoggo(ジョッゴ)というサイトです。
JOGGO公式サイト – http://joggo.me

ここは、オリジナルの革製品をオーダーできるサイトで、自分の好きな革の色を使って財布やiPhoneケースなどの革製品をカスタマイズできるサイトです。

JOGGOの革品質

革の品質もやわらかくて高級感があります。

実際にココのブランドの革や完成品を触らせてもらったことがあるのですが、とてもやわらかい革を使っていて値段以上の質感を感じることができました。革はバングラディシュ産ということで不安に思う方がいるかもしれませんが、実はバングラディシュは世界有数の革生産大国で、世界的に有名なあのブランド(馬のマークが入っている高級ブランドです)の革もバングラディシュ産のようです。

そして、薄マチの長財布があるのかな?と思いながらこのサイトの商品紹介のところを見てみると、「本革L字ファスナー長財布(メンズ)」というのがあるじゃないですか!

自分のほしかった形の財布で、しかも色をカスタマイズできそうだということで早速チェック。

ここの財布の大きさも、上で紹介したガレリアントの長財布とほぼ同じサイズ感です。

joggoの薄型L字ファスナー長財布

サイズ:高さ97×幅195×厚み16mm!

デザインも外ポケットがあるところとか一緒。厚みもガレリアントのとほぼ一緒で、「極薄」といってもいいサイズです。(上の緑のボタンで長財布の画像が見られます)

僕はデザインセンスがあるかよくわからないのですが、カスタマイズできる部分が5か所と少ないものの、この5か所に13種類の色から選べるので結構悩みます。

ガレリアントのモデルは表が黒やブラウンという定番色、裏側が発色の良いオレンジだったので、今回カスタマイズしてみるのも「定番+少し目を引くアクセント色」というテーマで作ってみました。

ということで、どんなデザインができるか試行錯誤した結果が下の画像。

joggoカスタマイズ案

外側を「ミッドナイトネイビー」、サブカラーを「マスタードイエロー」にして、アクセント色を「ブライトレッド」にしてみました。

紺と赤ってマリンな感じで結構似合うと思うのですが、いかがでしょうか?

もうここまで行くと、あとは決済するだけなのであとはいかに安く買えるかを考えてしまいます。(笑)

すでにMonoMaxに紹介されていたガレリアントの価格(16,000円税抜)や、クオドロというブランドのLジップウォレット(12,500円税抜)とほぼ変わらない値段で、しかも自分専用のオリジナルカラーリングなので十分満足なのですが、決済画面の最後に「クーポンコード」というものがあるんです。

調べてみると、プレミアム会員になっていると記念日やセールの時にクーポンチケットがメールで送られてくる、とのことでした。

初回購入の時にも使えるクーポンがないのかな?と思ったのですが、500円値引きのクーポンがありました。

JOGGOのクーポンコードを手に入れる方法

joggoのクーポンダウンロード

joggoのクーポン。記念日に登録すればすぐに発行されます。 上の画像に書いてあるクーポンはもう使ってしまったので使えないはず・・・。

公式サイトを見てみると、「プレミアム会員は商品購入後に使える500円値引きのコードがもらえます」と書いてあります。

でも、商品を購入前に、会員登録をして「MY記念日登録」というのをすれば初回購入時にも使えるクーポンがもらえるんです。

方法は、公式サイトからすぐに商品画面に行って注文するのではなく、先に無料の会員登録をしておくだけです。

必要なものは、

メールアドレスと自分や友達の記念日の日付

だけです。

JOGGOの公式ページの一番下を見ると、「まずは会員登録」と書かれたボタンがあるのでそれを選択します。(スマホでもPCでも一番下のほうです)joggotop2

無料会員登録をした後、右側の「MY記念日」から登録します。対象者は「夫」「妻」「彼女」「自分」などがありますが、なんでもOKです。

1つ記念日を登録すると、登録したメールアドレスに、500円オフのクーポンが届きます。

JOGGOのクーポン無料!

これを使えば、今回の薄マチL字ファスナー長財布も14800円⇒14300円に。

たった500円の値引き?と思うかもしれないのですが、少しでも安く買うために労力を惜しまない方でしたらぜひ無料のプレミアム会員になってみてください。

無料のプレミアム会員になっておくことのメリット

  1. 500円クーポンがもらえます
  2. 記念日を登録しておけば、記念日1か月前にリマインドメールが届きます
  3. 記念日ごとに、値引きクーポンがもらえます
  4. 新商品やセール情報が届きます

JOGGOで注文してみた!

L字ファスナー長財布注文

で、無事に割引のクーポンも手に入ったので早速注文を進めます。

デザインした製品をカートに入れると、そこで割引クーポンコードを入力する画面があるのでそこで入力してください。

JOGGO決済方法

JOGGOでは決済方法に、クレジットカードか後払いが選べます。

僕はEPOSカードのポイントをためているのでカード払いにしましたが、後払いの場合はオーダーメイドの商品が届いた後なので、品質に心配がある方は後払いでもいいかもしれないですね。

後払い手数料が200円かかるとはいえ、オーダーメイドの支払いが後払いというのはJOGGOさんのほうでもリスクがあると思うんですけどね。

長財布の値段最終確認

そうして支払い方法を入力したら、プレミアムクーポンが適応されて割り引かれていたら注文してしまいましょう!

JOGGO注文後24時間以内

JOGGOでは、デザインに少し後悔した場合などを含めて「注文後24時間以内であったらキャンセルが可能」です。

それ以降だと、工場のほうでオリジナル革製品を作り始めてしまうのでキャンセルはできません。

こだわりのカラーリングで作った薄マチL字ファスナー長財布、完成が楽しみです!

届いたらしっかりレビューしますね。⇒JOGGOの長財布が届いたので口コミ書いてみる!

JOGGOの公式サイトで「メンズ薄型L字ファスナー長財布」を見てみる!

ラウンドファスナー財布

実店舗で見せてもらったJOGGOのラウンドファスナー財布

財布にこだわったほうがいい理由

たくさんの荷物の女性

僕はいつも、何かものを買った後には「果たして買ってよかったんだろうか」とエゴサーチをします。(満足感を得るためにネットを検索したり考えたりすること)

今回1万ちょっとする長財布を買ってしまったわけですが、おそらくMonoMaxを読んでいなかったら10年使っていたボロボロの長財布をこれからも使い続けてしまったことだと思います(-_-;)

でも、買ってしまったからには「買ってよかったんだ!」という自己満足が必要。

そこで僕が考えたのが、「財布を重要視する理由」です。

長財布を使うと金運が良くなるとか、風水的にいい…みたいな話は聞いたことがあると思います。

僕は個人的にその辺はあまり気にしていないのですが、財布にこだわることにはほかにも理由があると思います。

一つ目に、財布は毎日使うものだから。

支払の写真

仕事行くときにも、休日遊びに出掛ける時も「必ず持つモノ」が財布です。夏でも冬でも、365日ずっと。

だから財布は洋服の一部として、オシャレなものを持っていたほうがいい!ということです。

二つ目に、お金払うところは見られているから。

カッコいい男女の写真

30歳になってくると自分より年下の子と出かけるときや食事をするときにおごることも多くなってきました。収入も20代のころと比べて増えているということで余裕もありますしね。

すると考えてしまうのが「自分のお金払っている姿はスマートなんだろうか?」ということです。完全に自意識過剰な気がしますが(笑)

そうすると、お金出すときにも財布がボロボロだと自分の持っている「ゴールドカード」も生えないわけです(たぶん)

今はモノが豊かになって、高校生くらいの子がブランド物の財布を持っていたりするんです。僕の財布もさすがにマジックテープでビリっとやるものではないのですが、ある程度のものは持っていたいと思ったので今回買ったわけです。

あと余談ですが、「お金を払うときには無意識的にしても痛みを感じている」と言われています。お金を払う行為自体に抵抗があることが多いのは、痛みを感じるからですよね。

痛みを感じたくないので、モノを買うときには慎重になる(財布のひもが固い)ということらしいです。(だからほかの人に痛々しく見られないようにオシャレな財布を使おうよ!ということ。すごい無理やり感。)

三つ目に、シルエットを崩したくないから。

お金を払う男性

今まで使っていた二つ折りの黒財布は、10年間よく持ってくれました。

でもスーツの胸ポケットには入らないし、パンツのポケットに入れても膨らんでしまいます。

最近激薄な財布が人気なのは、シルエットが崩れないためでもありますよね。

財布にこだわっていないと、ほかの部分がオシャレでもシルエットが崩れてしまうわけです。

ファッションスタイルの中に財布が入っているという認識が、「ほかの人から見てオシャレな人」には必要なんじゃないかなと思いました。(ちなみに昔会社の先輩が靴や腕時計、スーツはオシャレなのに財布だけがマジックテープ型だったことを覚えています。全部を完璧に整えることは難しいと思うのですが、オシャレな人はある1点マイナスポイントがあるとそこに注目してしまいますね^^;)

【おまけ】パンツのバックポケットに財布は入れないで!

そういえば、この財布を買ったタイミングで前回のタケオキクチの財布を管理していた時にミスしたことをシェアしておきたいと思います。

それは何かというと、パンツのバックポケットに財布は入れないように!ということ。

今回購入したJOGGOの公式サイトにも、スタイリング例としてジーンズのポケットに財布を入れていそうな写真があるのですが、やめてください(´;ω;`)ウッ…

これには2つの理由があります。

これから財布を買う人も、ぜひこの2点の理由を知ってポケットに財布を入れないようにしていただければと思います。

天然皮革に良くない

よっぽど安い財布でなければ、天然皮革を使っていると思います。

僕は高級靴も好きなのですが、靴はしっかり磨いているものの財布はあまり手入れをしてきませんでした。

特に財布についてはズボンのポケットに入れて夏場も過ごしていたので、革には非常に悪かったんじゃないかなと思っています。

通気性が悪いですし、汗がたまってしまうところが問題ですよね。

1か月に1回くらいはメンテナンスしたいところですが、財布を丁寧にメンテナンスしている人は少ないような気がしています。

今回はせっかくオシャレな薄型長財布を買えたので、前回ミスしたパンツのバックポケットに入れないように注意して10年以上きれいに使っていきたいと思っています。

体が曲がってしまう

パンツのポケットに財布

パンツのバックポケット(後ろのポケット)に入れてしまう最大のデメリットはこれです。

財布が痛むくらいならまだいいんですが、体が痛みます。

なぜかは簡単にわかると思いますが、財布を入れたままで座ると身体が曲がってしまいますよね?右のポケットに財布を入れる人が多いと思うのですが、その場合は体が若干左に傾いてしまいます。

これが実はすごーくよくない。よくないを通り越して危険です。

僕はスポーツ整体に通って「あれ?○○さん体が曲がってませんか?」と言われて、いくつか原因を考えたらここに行きつきました。

約5年くらい、パンツのポケットに無理やり財布を入れて歩いたり座ったりしていたんです。

でも二つ折りの財布の上に乗っかるような感じなので、今思えばとても体に悪いことだったと思っています。

今回はJOGGOの長財布にしたわけですが、たぶんタケオキクチ時代にやっていたヒドイ使い方はしないと思います。もっと財布にも優しく、体にも優しい使い方をしていきたいと思っています…。

JOGGOでオススメの財布を見てみる!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする