ミニバードからMixHostへWordPress移転した手順。

ミニバードからMixHostへWordPress移転した手順。

サーバー移転のイライラ

前回の記事では、MixHostの無料トライアル申し込みをしてWordPress表示速度向上したことをお伝えしました。

MixHostの無料トライアル申し込み。WordPress表示速度向上!
サーバーのリソース不足と表示速度の遅さにずっと悩んでいたここ最近。先日、エックスサーバーと同じような性能で月額480円のMixHos...

今回は、実際にミニバードからMixHostに引っ越した方法をご紹介します。MixHostの詳しい紹介は、下の記事で。

エックスサーバー以上のレンタルサーバーがあった。【MixHost】
安くて高機能な、オススメのレンタルサーバーを探している方に朗報です! 今までは、僕もエックスサーバーが最高だと思っていたのです...
スポンサーリンク
スポンサーリンク

独自ドメインの設定

当サイトのアドレス「2035.biz」は、アクセスすると現在使っているサーバー(ミニバード)につながるようになっています。これは「ネームサーバー」というところで、2035.bizにアクセスした人をミニバードのサーバーに転送することにしているからです。

でもいきなりこのネームサーバーをMixHostのものにしてもうまくいきません。まずはミニバードのサーバーとMixHostのサーバー両方に同じファイルがある状態を作ります。

まずはMixHostのCpanelというセッティングページで独自ドメインの設定をします。

アドオンドメインの作成・MixHost

ここでまず躓いてしまったのですが、「新しいドメイン名」は2035.bizで合っています。

ただ、このアドオンドメインの設定ページでのサブドメインというのは、サーバー移転用確認用に使うアドレスなので、ここでは「2035」とかのほうが便利でした。後で「blog.2035.biz」というようなサブドメインを使うときは、この場所での設定ではありません。

ドキュメントルートというのは、MixHostのサーバーを借りると「public_html」というフォルダがあるのですが、この中に入れるフォルダを参照できるようにする部分です。

今回は、「2035.biz」にアクセスすると「public_html/2035.biz」というトップフォルダにアクセスする設定にしました。

先ほど考えたサーバー移転時にサブドメインの「blog.2035.biz」にどうやってアクセスさせるかというと、別の画面で「サブドメイン作成」という設定ページがあるので、ここで「2035.biz」のドメインを選択し、サブドメインとして「blog」という風にすると、サブドメインで「public_html/2035.biz/blog」内を「blog.2035.biz」で参照できるようになります。

旧サーバーのファイルをダウンロード、新サーバーにアップ

ドメインの設定をしたら、該当フォルダに旧サーバーのデータをアップロードしていきます。

大量のファイルのFTP転送は失敗する

WordPressを使っている場合、上の画像のようにファイル量がものすごいことになるので、FFFTPなどのFTPソフトを使うよりも、以下のページを参照して「ファイルをZIPに圧縮して一括ダウンロード」のほうが効果的です。

サーバーのファイルをZipに圧縮してダウンロードするCGI

【PHP】サーバー上で特定のフォルダーのファイルをzip圧縮したり解凍する方法

多くの人はこの方法を知らないらしく、WordPressの自動で作成された大量(数万)のファイルを、手動でFTPでダウンロード&アップロードしているようです。面倒くさいね。

MySQLのデータベースのバックアップと復元

MixHostでは、データベースが無制限に作れます。

これはありがたいのですが、今までの旧サーバー(ミニバード)からデータを引っ越さないといけません。

まずはミニバードのほうでWordPressやアクセス解析・短縮URLに使っていたデータベースをエクスポートしてバックアップします。

参考になるサイトがこちら;【WordPress】phpMyAdminでDBのバックアップと復旧(エクスポート・インポート)を行う方法

これも、WordPressの作るデータレコードは非常に多いので、サーバー移転は面倒くさい作業です。やりたくない!

wp-config.phpの書き換え

WordPressの移転についてを見ていただければわかるのですが、サーバー移転したらデータベースの位置の修正が必要です。「wp-config.php」をローカルで修正して、アップロードしておきましょう。

データを新サーバー(MixHost)にアップロードすれば、サーバー移転は完了です。

ミニバードからMixHostへの引っ越しの感想

あー!面倒くさかった。

サーバー移転って本当に無駄な時間です。引っ越しはしないに限ります。

以前こんな記事を書いたのですが、

500円以下の格安サーバーをオススメしない5つの理由
ここ最近のことなのですが、当ブログで500 internal server errorが連発しているのです。 原因は、格安サー...

本当に最初からいいサーバーを契約しておけば、引っ越しの時間や作業に割く時間がゼロになりますから…。

とりあえず、今現時点での2大オススメサーバーを書いておきます。

  1. MixHost
  2. エックスサーバー

安さを求めるなら、MixHostで、最初からお金出せるんだったらエックスサーバーで安定です。

MixHostは、サーバー容量がエックスサーバーより少ないですが、普通にサイト運営するならば10GBあれば十分です。

3日も無駄な時間を過ごしてしまって、まだまだ修正作業をしなければいけないのは非常に憂鬱です…。(おわり)

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする