エックスサーバー以上のレンタルサーバーがあった。【MixHost】

エックスサーバー以上のレンタルサーバーがあった。【MixHost】

ボディーランゲージで、オッケー!

安くて高機能な、オススメのレンタルサーバーを探している方に朗報です!

今までは、僕もエックスサーバーが最高だと思っていたのですが、エックスサーバーよりも安く、高性能なサーバーができたようです。

普通にWordPressを使いたい人にとって、最高の選択肢だと思います。今回は徹底比較してその魅力をお伝えしたいと思います。

契約した続きの記事はこちら。ページ表示速度が速くなりましたよ!

MixHostの無料トライアル申し込み。WordPress表示速度向上!
サーバーのリソース不足と表示速度の遅さにずっと悩んでいたここ最近。先日、エックスサーバーと同じような性能で月額480円のMixHos...
スポンサーリンク

MixHostとは

レンタルサーバーのMixHostロゴ

MixHostは、高速・高機能・独自ドメイン無制限のSSDを使ったレンタルサーバーです。

SSDというのは、最近ではMacBookなど比較的高級なパソコンに搭載されている、ハードディスクに代わる記憶媒体です。

ハードディスクよりも、読み込み速度が速かったり、衝撃などに強いというメリットのある記憶媒体です。

MixHostは大胆にも、読み込み速度の速いSSDを使ってしまったレンタルサーバーです。

MixHostのすごいところ

まず、MixHostってどんなレンタルサーバーなの?と知りたい方へ、簡単にその魅力をお伝えします。

価格が安い

発見!

SSDを使った高性能サーバーながら、まず値段の安さに驚きです!

一番安いのは480円/月のプラン。しかも、初期設定費用が無料です。

格安レンタルサーバーと言われているサーバーは、もちろん100円以下からのお値段もありますが、月額500円以下で借りられるレンタルサーバーもとても魅力的です。

そして、480円というのは、12か月契約とかではなく1か月契約で480円。普通、長く借りるほど割引がありますが、1か月契約だけでもこの価格で使えるのは、長期使用のリスク回避にもうれしいですね!

しかも、30日間の無料お試し期間があります。これはお試し期間としては結構長いんですよ。

機能がすごい

チェックマークの写真

一番安い480円/月のプランでも

  1. 独自ドメイン設定数・・・無制限
  2. メールアドレス・・・無制限
  3. MySQL(データベース)・・・無制限

となっています。この価格帯のレンタルサーバーだと、ドメイン数が多いところでも200ドメインに制限されています。データベースは多くても20個くらいですね。(普段はそこまで使わない人が多いですが)

最近はHTMLサイトよりも、WordPressを使ったサイトを作る方が大半だと思うので、もしあなたもWordPressを使う予定だったら、データベース無制限というのは後々すごく助かると思いますよ。

そう考えると、ドメイン無制限、データベース無制限というのは本当に魅力的です!

図解エックスサーバー vs MixHost

さて、MixHostの価格と機能面での魅力が分かったので、早速今回の本題である「今まで最強だと思っていたエックスサーバーとの比較」をしてみたいと思います!

エックスサーバーとMixHostの比較
エックスサーバー(X10) MixHost(エコノミー)
初期費用 ¥3,000 ¥0
月額料金
(年間契約時)
¥1,000(12か月契約) ¥480
ディスク容量 HDD 200GB SSD 10GB
転送量制限 70GB/日 なし
マルチドメイン 無制限 無制限
CPU
メモリ 192GBを共用 仮想512MB/1GB
WordPress簡単インストール
電話サポート ×
メールサポート
MySQL 無制限 無制限
アダルトサイト × 〇(+100円~1000円)
無料お試し期間 10日の無料お試し期間 30日の無料お試し期間

価格面

価格面は約半額の安さです。MixHostには、最安値の480円のエコノミープラン以外に、980円のスタンダードプランなどがありますが、スタンダードプランはディスク容量の違いだけです。

  • エコノミープラン…480円(SSD10GB)
  • スタンダードプラン…980円(SSD20GB)

対するエックスサーバーは、ディスク容量は200GB使えますが、初期費用で3240円(税込)が必須、そして月額費用は安くても972円~(36か月契約)なので、MixHostの圧勝です。

後半でも書きますが、エックスサーバーがスペック的に有利な部分は、ディスク容量くらいです。

それでも、MixHostがSSD、エックスサーバーが普通のHDDなので、この面で読み込みスピードでMixHostを使うメリットはあると思います。

エックスサーバー半額

性能面

6f6ae54575a93a16db418ca3ed24cb28_s

性能面では、使い方によってどちらがオススメかは変わると思います。

エックスサーバーとMixHostで、どちらも独自ドメイン無制限、データベース無制限というのは非常に魅力的です。

一番違うところは、

  • MixHostエコノミー…SSD10GB
  • エックスサーバー(X10)…HHD200GB

ここの部分ですね。

  • MixHostは、読み込みは早いけど容量が少ない
  • エックスサーバーは、読み込みが遅いけど容量が多い

ということになります。ただ、エックスサーバーが読み込みが遅いかというとそうでもなくて、やはり使いやすさナンバーワンサーバーの通り、読み込みで遅いと感じることはありません。回線(バックボーンといいます)についていえば、どこのレビューサイトを見ても高価格帯のサーバーに引けをとっていません。

それで、性能名の違いでは「MixHostはエックスサーバーと同程度」というように考えていればいいと思います。

データ容量の差がありますが、普通のサイトを作っていれば10GBなんて全然行きません。今、僕の使っているサーバーの容量も、1年使って300MBくらいしか利用していませんから…。

MixHostの負けているところ

だめ!の美女

価格と性能での比較が終わって、MixHostを褒めすぎても悪いので、エックスサーバーに負けているところを考えてみました。

例えば、エックスサーバーはサポートがすごくいいと言われていて、電話サポートとメールサポートでわからないことは何でも聞くことができます。さすが月額1000円のサーバーです。格安サーバーとは違います。

MixHostは、メールサポートは可能なのですが電話サポートがないところがマイナス点です。

ただ、これも利用者によっては電話サポートの必要性をあまり感じない人もいると思いますし、上級者になればなんでも自分で解決できてしまうところです。

個人的には、分からないことがあった時にメールを打っているのは面倒なので、すぐに電話してしまいます。だから電話サポートがあったほうがイイかな…という感じです。

MixHostの評判

声をかける美女

480円のエコノミープランを使ってみていますが、250円のロリポップライトプランと比べると驚きの速さです!エックスサーバーとMixHostで悩んでいるのであれば、試しに30日間無料お試しを使ってみてはいかがでしょうか?


2016年6月からのサービス開始のために、情報がないようですので、使用感を教えてください。

2 :
名無しさん@お腹いっぱい。
2016/08/31(水) 14:27:50.53 0

数週間使用してみての雑感を

・自動的にSSL証明書を発行・インストールしてくれるので楽チン
独自ドメインなどを追加してhttps://~でアクセスするとSSL通信が可能。手軽で便利。

・コンパネがcPanel。海外鯖などで慣れている人には簡単操作が可能。ある程度自然な日本語になっている。

・Pingは平均して25ms前後。

・Ping値に比べてWebサイトの応答はかなり快適に感じる(個人差あるでしょうけど)

・料金について
上位プランに変更する際は差額分を上乗せして支払うだけ。
下位プランに下げる時は上位プランとの差額分を充当できる。ただし1年間だけ?

国内ではXREA、CORESERVER、VALUESERVER、さくらインターネット、ヘテムル、エックスサーバー
海外ではBLUEHOST、DREAMHOST、JUSTHOST、HostGator、Arvix
などを経験してきましたが、今の所mixhostのサーバ環境、速度、応答性などで抜きんでていると感じます。


WordPressの表示スピードランキングで、ヘテムル・エックスサーバー・KAGOYAを抜いて堂々の一位という結果になりました。

スーパー意外な結果だったのですが、MixHost (スタンダードプラン)が平均値で第1位でした。
ちなみにちょっとおもしろくなったので、「エコノミープラン」でも実験してみましたが表示スピードの平均が「0.889秒」と2位の記録でした。(会社が同じなので割愛)

表示スピード平均:0.838秒
引用:http://www.smartaleck.co.jp/rental-server/#1MixHost

いくつか2chやサーバーテストサイトからのデータを引用させていただきましたが、やはりスピードや性能ともにすごくいいみたいです。

エックスサーバー以上のサーバーなのか?結論

穏やかな表情の女性

値段が安いので心配になるところだと思いますが、おそらく2016年6月運用開始ということで知名度自体がXサーバーと比べて低いのがデメリットなんだと思います。

知名度や以外は、本当にエックスサーバーを上回るパフォーマンスを見せてくれるレンタルサーバーでした。ディスク容量の少なさはスピードと引き換えなのでデメリットには感じませんが、もし多めが必要でしたらプランの変更はすぐできるようなのでそれも安心です。

MixHostは「安くて無制限で高性能なサーバー」として、かなりオススメできるサーバーだと思います。

30日間の無料お試し期間から、まず初めてみてください!

参考までに、エックスサーバーがオススメだと思う理由を書いた過去記事はこちら↓

500円以下の格安サーバーをオススメしない5つの理由
ここ最近のことなのですが、当ブログで500 internal server errorが連発しているのです。 原因は、格安サー...

2016年12月26日追記。契約しました。

MixHostの無料トライアル申し込み。WordPress表示速度向上!
サーバーのリソース不足と表示速度の遅さにずっと悩んでいたここ最近。先日、エックスサーバーと同じような性能で月額480円のMixHos...

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする